LINEゲーム・ガンダムウォーズのぷち攻略日記

祝2周年イベントミッション「限界を超えろ!」ぷち攻略

2018/07/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2周年記念イベント「限界を超えろ!」のぷち攻略の時間でございます。ごきげんよう、1000年生きててミンク族を乗せている方とは比べ物にならないくらい矮小な方のゾウです。(長い

 

スポンサーリンク

祝2周年記念イベント「限界を超えろ!」

今回のイベント「限界を超えろ!」は、鉄血のオルフェンズ勢になぜか新F91だけがどさくさに紛れて登場しているという面白い感じとなっております。

どうやらここ最近流行の前衛の回避高い系で固めてきている模様。

 

おお、F91がまるで南方部族の誇り高き戦士みたいな顔してそこにいらっしゃいますよ。常にフェイスオープン状態。

というかビギナ・ギナはどうした。それにベルガ・ギロス、ベルガ・ダラス、ダギ・イルス、デナン・ゾン、デナン・ゲー、エビル・S、ヘビーガンはどうした!!(だから長い

 

通常パートに宇宙世紀それぞれで大活躍した歴代のガンダム達が待ち構えています。こう見るとなんだか悪くはないなぁ。

 

ノーマル通常パートはいつもの如く具体的な攻略を省きますが、超級を例に取ると、Ⅰでは初回報酬がスタミナ

 

Ⅱでは経験値UPアイテム×10かな?

 

Ⅲでは、コイン10,000以上など、いつもより初回報酬が少し豪華といいますか、多めな感じになってます。さすが2周年。

宇宙世紀シリーズの系譜を噛み締めつつ、怒涛の勢いで進撃していきましょう。

 

チャレンジノーマル:獅電戦(青スタミナ50)

チャレンジノーマルでは、リミッター解除の新しいバルバトスルプスに、今回のイベントで設計図がゲットできる獅電(オルガ機)が敵として登場。

 

まずは手持ちの実弾軍団で攻め込んでみます。

イベントだと実弾攻撃ユニット前4枚とかもはや当り前の自分。

 

開幕15秒でリミッタールプス撃破。

 

そしてその数秒後に獅電撃破。早い相撲だった。

 

報酬は一周、Ep=120、獅電の設計図×1

青スタミナ1000使えば、Ep=2400、獅電設計図×20なので、大体青スタミナ3000~4000(2倍消費モードで30~40回)くらい回してあとはハード上級とか回して、残りをチャレンジハードでほげほげ回してればいい感じかな。

最近はそういう流れでやってます。ほげほげ

 

今回のチャレンジノーマルの敵はそんなに体力ない感じですかね?

 

しかしこれでは何の参考にもならなさすぎる気がしたため、一応先ほどより味方の戦力を落として再挑戦

サザビー先頭になっちゃってるけど、被ダメ少ないし問題ないだろう。

 

初回より30秒遅れでクリア。これでも随分余裕だった。

 

エクシアやっぱ強いな。初期実装機体なのに良い機体だよなぁ。

 

更に戦力を下げて再挑戦。無料配布キマリスver13にしちゃったので折角だから活躍してもらおう。限定機体とかと比べると強さはもうヘニョヘニョだけど、実装が古めの無料配布機体の基準を知っておくという意味でキマリスは育成してました。

 

お、ダメージ喰らってるのがわかる感じだぞ。シェンロンもボルトもver11辺りから放置しちゃってるからなぁ。

 

でも、開始50秒辺りで難なく撃破。

今回、獅電をゲットしてもらうためか、いつもより易しめの設定ぽいですね。

 

イベント入手機体:獅電(オルガ機)・初期グレード☆3

ここで今回のイベントで入手出来る獅電についてちょっと見てみると、無料配布機体の割には悪くない感じがしました。悪くないというよりは、普通にちょくちょく使ってみていいかもという。ビーム防御若干高めだし。

 

というのも、獅電は前衛機体ながら珍しい【自分周辺】の【回避上昇】スキル持ち

同じ前衛の回避上昇スキル持ちは、リ・ガズィ(自分周辺)とリゼル(味方全体)がいて、リ・ガズィは初期の無料配布機体ということで壊滅的に耐久力が無いため運用が非常に難しい。その点、リゼルが凄くいいんじゃないかということで以前バイアランを育成していた時に、リゼルを組んだ回避編成を考えてたりしたんです。

 

しかし、リゼルの【味方全体】【回避上昇】スキルである「ダミーバルーン」は、こちらを参考にすると初手の次は10手目と、2度目の回避上昇スキルを使うまでが随分先なんですね。加えて自身の回避も高いわけでもない。

 

ここで、獅電のスキルサイクルは、

獅電のスキルサイクル

  1. ライフル【連射】
  2. 戦闘指揮
  3. 通常攻撃
  4. 部隊支援
  5. パルチザン【なぎ払い】

以降このループかと思われるため、回避上昇スキル「部隊支援」の周回が早い

 

また、2手目に出す「戦闘指揮」【味方全体】の【実弾攻撃上昇】。発生、上昇率、持続時間はヅダやブルフレD等よりワンランク劣るものの、無料配布でこの数値なら悪くはないんじゃないかと。

 

イベント産で☆3支援型ということでスキルサイクルに通常攻撃も挟んでいたり、攻撃・防御のスペックが低いのは致し方なしとはいえ、その割にHPはそれなりにある。このHPなら防御をカスパで補ってやれば案外なんとかなりそうな気がするんですよね。

 

なんでこんなに獅電に注目しているかというと、獅電がいればBD1号機・AGEⅡマグナムが更に活躍させられそうだから、というのが一番の理由。BD1号機なら同じ地上得意だしね。

本当はリミッター解除ルプスに合わせて出てるというのもあるだろうけど、昨日新F91ガシャでダイヤ全部摩っちゃったので・・・(しかも負けた

 

ただAGEⅡマグナムは☆6であれば援護いらないくらい回避しまくるので、どちらかというとBD1号機とセットで使うと面白そうな感じですね。AGEⅡマグナムはビームカウンター持ちでもあるのでそれなりに被弾してもらったほうが良いし。

というわけで獅電は、

  • 前方範囲に回避上昇と全体実弾攻撃上昇のバフ要因
  • 前衛の支援型ということもあり、火力には期待しない
  • モーションは小さいので被弾はしやすい
  • カスパ・パイロットで防御面をがっつり強化は必須

この辺を踏まえて使ってみようかと考えてます。

 

ちなみに、自身回避上昇スキル「阿頼耶識システム」を持つ無印ルプスでもワンチャン組み合わせは有りだろうか。地形適応は一致しないけど実弾特化機体だから、ありっちゃありかもなぁ。

・・・結局、アリーナでもイベントでも一度に出撃させられる機体は5体までなので、頭数の揃っていない状態でのバトルタワー以外では、正直毎度毎度新しい機体を育成する必要はあまりなかったりするんだけど、ゲームだしね。色々考えて遊びたいですよね。

 

ハード通常パート

さて、獅電への考察が長くなってしまいましたが、ハード通常パートに臨みたいと思います。

ここでは絶級を除く「初・中・上・超」級で獅電の設計図とENタンクがドロップします。

 

初級はレアドロがないので飛ばして、中級にはレア⑧アイテム

 

上級レア⑩アイテムなど。

 

超級にはレア⑪アイテムがあります。

が、上画像の通り茶色のレア⑪は所持数がこれまでのイベントの周回で凄い数になっているので、今回私は超級以外で回す感じになりそう。

 

ハード上級

サクッと見ていきましょう。ハード上級・WAVE1の注意点はアルヴァアロン

こやつはビームダメージ無効を持っています。

 

2手目でぶぃぃーんとバリア張ってきてこの間(10秒程)ビームは通じませんが、彼は実弾防御が滅法低いので、手持ちに実弾軍団がいるなら実弾でドンドコドンドコ攻めていくと吉。

 

そしてWAVE2では、なかなかタフネスなGNアーマー TYPE-D(状態異常無効)が自分周辺にビームダメージ軽減を張ってきます。GNアーマーの前にはエクシアとキュリオスがいますが、この2体は状態異常も怯みも効く上、GNアーマーのGNフィールドが届いているのかどうかよくわからなかったりします。

ここも実弾で攻められるならモリモリ攻めてしまいましょう。

 

ただ、難易度はやはり上級なのでビームでお構い無しに攻めてもそんなに苦労はしなかったり

 

ハード超級

ハード超級はステージが地上

WAVE1でちょっとやだなーつよいなーと思うのはキマリス・ヴィダールでしょう。緑色のグレイズは・・・うん、まぁ、無視していいかな(酷い

 

キマヴィダは主に後方にドカドカ実弾攻撃を繰り出してくるので、心配ならシュピーゲルを入れるなどして実弾防御を上げてやるといいです。

敵は2体なのでそんな怖くないんだけど、キマヴィダは単独でもガンガン来るから侮れない。

 

WAVE2では、グシオンリベイクフルシティバルバトスルプスレクスの前衛2体が相手。リベイクはしいていうならビームに若干弱い、けどこのステージ地上だからなぁ(ビーム機体は宇宙得意が多い)。

ルプレクは後衛を引き寄せで引っ張ってきてリベイクは前方をかなりの火力で殴ってくるので、のんびりしてると意外とピンチになる。

 

ただ、どちらも脳筋気質で防御面は特に気を遣ってないので、こちらはそれ以上の火力で早期に撃破してやるといいのかなと思います。

超級に関しては、味方実弾防御を高めておくならば、攻め属性はビーム・実弾どちらでも問題ないです。

 

ハード絶級

ハード絶級では、敵MA枠にハシュマルがいて、前衛に

  • 限定機体版の新しいF91
  • 獅電
  • リミッター解除の新しいバルバトスルプス

の3体。今回の絶級も一応周回は可能でした。ちょい危ういかなーいけるかなーくらい。

 

いやまぁ、私くらいのレベルで周回できるのはありがたい。

ここを要約すると、

  • 最後衛:MAハシュマル
    → まあまあ硬い
    → プルーマいっぱいの全体実弾攻撃がそれなりに痛い&足止め厄介
  • 前衛1:新F91
    → ビーム属性なので獅電の攻撃バフは無意味
    → ただ回避上昇が掛かって異様に避ける
    → 分身14回に自バフの回避上昇もあって避けすぎている
     → 回避上昇のスキルがびぃぃぃん!!てなっててイカす
    → 意外と火力出てるので注意
  • 前衛2:獅電
    → 自分周辺の回避上昇バフと全体実弾攻撃バフ要員
    → 防御は低いのでちょっぱやで倒しておきたい
  • 前衛3:新ルプス
    → 回避が上がるらしい
    → 実弾攻撃も上がるらしい
    → ダメージ喰らっても火力がまた上がるらしい
    → 実際こいつの火力はなかなか危険

という感じ。新F91と新ルプスの回避がどちらも高いので、単発攻撃よりは多段持ちで攻めていくといいかなと思います。バイオゼータの突撃とか避けられると悲しい感じになるので。

 

以前、「ハシュマルはビーム攻撃が非常に通じにくかった」と記憶しているので、上ではひとまず実弾攻撃編成で攻めてみます。敵の実弾攻撃にはシュピーゲルで守りを入れて、ガランの回復でなんとかしたい。

 

・・・とここでアプリが強制終了してしまったので、同じ編成で再挑戦。

手数と命中の高さといえばフルコーンなので、こういう時は命中の高さが光ります。まぁ、正直よくわからんといえばわからんところもあるけど。

 

前方への攻撃がやはり激しいですが、さすが馬師弟。なんとか耐えてくれた。☆3スコアクリア達成

 

おお、敵の数が多いと風雲ゴッドはダメージ伸びるな。

しかしシュピーゲルで実弾ダメージ抑えてて敵ルプスのあの火力なので、ELSクアンタいるならシュピーよりそっちの方がいいなぁ。

 

ちなみにこちらは初回撃破時の報酬画面。リミッター解除の新しいルプスのACE必殺技ゲットですが、多分こいつも限定機体だよね。ダイヤ摩っちゃってもう余裕ないぜ。

 

そしてこちらはビーム攻撃編成で突撃したパターン。

私の「ハシュマルにビームが通りにくい」という記憶が随分古いものなので、今はどうなんだろうということで試してみたらビームでも案外いけた

いけたけど、ビーム攻撃特化の機体は実弾防御が低いことが多く、それで上画像ではフルZZさんがドボンしてしまった。ビームで攻めるなら味方前衛の実弾防御の更なるフォローが必要のようです。

 

チャレンジハード・新ガンダムF91戦(青スタミナ99)

チャレンジハードでは、BOSSが新F91。それにハシュマルが一緒にいます。

ハシュマルは自身が実弾攻撃特化で、ビーム・実弾攻撃デバフ回避デバフ持ち。

 

BOSSの新F91は、自身がビーム攻撃特化で、命中デバフ持ち。自身回避上昇に分身持ちの防衛型ということで、まー避けるわ硬いわでやばいです。

ただ私は、以前の無印F91もビーム防御低下持ちだし、見た目のデフォルメが結構好きだったりするので、無印F91のスキル内容とサイクルさえ少し手を加えてくれたらなぁと未だに思っていたりする。

「限定強いから以前の無印弱くていいでしょ」というのはなんか違う気がする。☆4ならせめてそれ相応の使い勝手は旧機体であっても存在していてほしい。ガシャを引く時のテンションも何気にここで左右したりする。

 

さて、このチャレンジハード、先に言ってしまうと敵ハシュマルからのダメージが非常にでかいです。BOSSである新F91より取り巻きのハシュマルからの攻撃で壊滅しかねなかったりするので、まず先にハシュマルから倒しにいく作戦に出てみました。

 

こちら、ルプレクBD1号機の2体で、主に必殺をハシュマルにぶち込んでいきます。

ヅダは死に、ルプレクも瀕死だが敵ハシュマルも瀕死だ。いけるか?

 

おし、ハシュマルなんとか倒した。

ハシュマルを意識しないでいると割と終盤まで生き残ってプルーマばら撒きとかしてくるので、残り40秒で撃破はいいぞ。

 

BOSSの新F91はハシュマルに比べてダメージはさほどではない。避けるタフネスなだけといってしまうと言い過ぎだけど、今日チラッとアリーナで見かけた時は随分生存率高くてビビったなぁ。命中低下持ちに火力もなくはない。

んーーー、でもやっぱ無印F91捨てがたいんだよなー、今更上方修正期待しても無駄だろうか。ちょっとの手入れなんだがなー

 

あ、最後の最後でルプレク死んだ。

 

ハシュマル撃破に力を注いだケースでは一回26%削り

 

ハシュマルほっとくと10万以上のダメージを叩き出されたりするので、そういう意味ではダメージは抑えられた気がする。

というかこれ風雲ゴッドじゃなくてアヴァエクの方がいいか?でも風雲ゴッドは敵が少ない時の生存率高いからなぁ。

 

お次はハシュマルは基本無視というか、ハシュマルから攻撃喰らってもいいから新F91の方を狙い目でいく作戦。

 

この新F91の「高機動戦闘」スキル出してる時の、

 

ババババウワアアアア!!

 

みたいな動き、なんか好き。制御やばくなってる感がなんか好き。だからちょっと欲しかった。(ガシャで出なかった人

 

さて、ハシュマルが終盤まで生き残っている割にこちらも皆生きてるぞ。というかハシュマルからの攻撃に耐えられるなら、わざわざハシュマル狙いにいく必要ないな。

 

あ、残り1秒でハシュマルが黄色いおならになった。

 

この編成だと、一回40%削り?あれ、さっきよりずっといいな。

 

今度はゴッドの火力が伸びたな。風雲マスターのお陰か。

ELSクアンタ☆4だからシュピーゲル入れてるけど、これELSクアンタにしたらフルコーンに乗せてるバナージのスキルが爆発して、できるならそっちの方がいいな。

 

ELSクアンタ・・・万能使う?ここまで来たらもう敢えて☆4のままでいいかなとか考えてたけど、うーん。

 

というわけで☆4ELSクアンタ入れてフルコーンに爆発してもらう感じで3度目。多分これで残り全て削り切ることが出来るだろう。

 

ELSクアンタ、☆4でもそんなに防御低いわけじゃないんだけどなぁ~~。ビーム防御はともかくやっぱ実弾防御の低さは☆4だと厳しいか

・・・というかF91どこいった。質量のある残像すら見えないぞ。(全身真っ赤で左にいた

 

34%を残り19秒残しで削りきって、一周クリア。

そしてELSは死んだ。

 

チャレンジハードは一周Ep=1050。いつもと同じですね。

ここのミッションでは味方が(多分ハシュマルからの)全体ノックバックで後ろに追いやられるので、例えば最終決戦ガンダムなどの【自分周辺】範囲のバフが味方全体に掛かる形になったりします。

終盤に近づくに連れて味方が後ろにまとめられやすい(味方前衛が分身でノックバックを避けてたりしなければ)ので、その辺はノックバックを逆手に考えるというのもありかなと。

 

それと、新F91は防衛型なので、防衛型キラーとしてクスィーここで輝けるか!?と思い使ってみたりもしましたが、ステージが地上&実弾防御の低さ(900あってもきつかった)で落ちやすいということで、手放しで使えるとは言いがたい。

 

ただ、ダメージは意外にも出してくれることがわかった(パイロット逆シャア新アムロ)のでがっつり実弾防御を上げていけば悪くは無いかなという感想。(最初全然使えないと書いていたことはちと軽率だった

 

またアトラスも同様にレールガンをウワアアア!とF91に避けられてしまうので今回入れてません。命中そんな高いわけでもないしね。

 

新パイロット

三日月・オーガス

3人目のオーガス。スキルが「攻撃を避けると実弾攻撃上昇」ということで、発生確率、上昇率、持続時間がなんとな~く高めになっている気がします。

避けまくる実弾機体となると、これから出てくるリミッター解除ルプスがそういう機体なんでしょうけど、それ以外となると、やはりBD1号機か。AGEⅡマグナムでもいいけど、マグナムにはクジョウ・キョウヤが乗ってるからなぁ。

あとは・・・てかあれか。金色ドモンとスキル一緒か!金色ドモンは「発生10%、上昇20%、持続10秒」だったので、これ絶対オーガスの方がいいな。

 

Oh…オーガス格闘高いじゃん。BD1号機確か射撃系っぽいから、微妙に一致しない。これは風雲ゴッドというのもありかなぁ。わからん。

 

シーブック・アノー

二人目となるパイロットスーツのシーブック。スキルは「前衛に味方が3体以上いるときに攻撃を受けると回避上昇」の発生50%とこれはなかなか。

最近前衛3体推しが来てますね。新ハマーンも前衛3体時のビーム攻撃上昇だったし。

 

こちらのシーブックは、ニュータイプの割に覚醒が低いというよりは、ニュータイプの能力を命中と回避に高めに絞ってある感じ。射撃・格闘も平均だし、悪くない。

しかし前衛3かぁ、編成どうしようかな。シーブックのスキルは「攻撃を“避けると”」のウッソやイオと違って「攻撃を“受けると”」だから、乗せる機体にある程度の耐久力は欲しい。

制限時間内で、

  • 喰らって→避けて→喰らって→避けて・・・

で最後まで生き残っていればいいわけだから、新F91がいればそのまま乗せていいだろうし、それで生き残りすぎたりしたなら新F91には他のパイロット乗せればいい。

最前衛機体に乗せるなら・・・ビームなら今だと覚醒キュベレイ辺りだろうか。ENスリップと怯み持ってるから終盤までいてくれるとありがたいし、最前衛がずっと生きてるなら、前衛2、3番目も生き残り易い。もしくは高いENダメージを持つガーベラとかもいいか。防御がっつり上げて妨害しまくるとか?

ふむ、なかなか奥が深い感じになってきた。

 

 

※追記 今調べたらシーブックのスキルはどうやら

  • 攻撃を“される”と発動する

ようです。参考はオりんごさんのこちら

つまり避けようが当たろうが関係ないみたいです。攻撃を「受ける」の意味を「被弾する」と捉えていたんですけど、違ったみたいですね。しばらくわからんかった。失礼しました。

 

ユージン・セブンスターク

オルフェンズからユージン・セブンスターク。スキルは「攻撃を受けると味方戦艦の実弾防御上昇」。これ復刻メビウスのチェーンと同質のスキルだなぁ。実弾防御上昇かぁ、最近実弾で速攻戦艦沈められることは無いから、自分はちと使い所が見当たらないけど、一応覚えておこう。

実弾の戦艦速攻対策にシュピーゲルなどの育成が間に合ってない場合などは、ユージンのスキルは重宝しそう。

 

・・・ちなみにヴィダールの実弾攻撃で戦艦速攻されるなどの対策は、シュピーゲル、ELSクアンタがいれば両者とも初手が実弾防御上昇スキルなので、開幕10秒で一気に戦艦のダメージ持ってかれてー・・・というのはかなり防げます。

最近はそのパターンより、中盤以降のビームによる∞ジャスミーのクリ確ACE必殺どかーんの方がずっと厄介な印象。

 

スキルは射撃高めの次点命中

 

オルガ・イツカ

こちらはキャプチャする前に交換所でゲットしてしまったので、MAXステータスは見れませんが、スキルは「攻撃を受けると味方戦艦のビーム防御上昇」というもので、現状こちらのオルガのスキルの方が何かと使えるかもしれない。

ただ、一個前の時にハサウェイ鍛えちゃったのでどーしたもんかって感じもなくはないんですけど、ま、まぁ使い分けよう。

 

まとめ

相変わらずまとめはヘタクソですが、まとめてみます。

チャレンジノーマル

  • いつものチャレンジノーマルより易しめの印象
  • しっかり機体を育成していれば特に苦戦はしないはず
  • 青スタミナ50で一周Ep=120、獅電設計図×1
  • 獅電はここ最近のイベント産☆3の中で、個人的には一番使えるような
    → 役には立つはずなので出来れば☆6にしておいてもいいと思う
  • 獅電という名前がそもそもかっこいい

ハード通常

  • 初級:レアドロなし、獅電設計図&ENタンク
  • 中級:レア⑧アイテムあり、獅電設計図&ENタンク
  • 上級:レア⑩アイテムあり、獅電設計図&ENタンク
    → ビームでも普通にいけるが実弾が有効
  • 超級:レア⑪アイテムあり、獅電設計図&ENタンク
    → 敵の攻撃が痛ければ実弾防御を上げておく(敵実弾攻撃弱体でも)
    → ELSクアンタ、シュピーゲル、サバーニャなど
    → 敵の数が少ない
    → 攻撃は最大の防御という風に押し切っていきたい
  • 絶級:レア⑫アイテムあり
    → 実弾防御を上げ目で臨みたい
    → ビームでもいけるがやはりここも実弾が有効か
    → 新F91・新ルプスの回避が高いので、命中高め&多段攻撃で攻めたい
    → ここのハシュマルはまあまあの強さ
    → 新F91ウワアアアア!!!(もっと避けはじめる)
    → 新ルプスどごーん!!!(とりあえず痛い)

チャレンジハード

  • ハシュマル無視してF91をひたすら狙うが個人的オススメ
  • ハシュマルからの攻撃の方が痛いので、実弾防御上昇をいれておく
  • F91はウワアアア!!しだすので手数で攻めていく
  • セシリーがいない。きっと宇宙に投げ出されたんだ。助けにいけシーブック。

 

しかし、まさかF91が防衛型で限定機体として登場するとは思わんかったなぁ。

 

小型化に成功した小さなボディのどこにこのHPの高さがあるのか私には見当も付かないのですが、なんだろう、防御低いけど異様に体力だけはあるF91とか初めてなので、若干困惑中。(スパロボでF91がなぜかHP20000超えしてるようなイメージ)

あと顔が精悍すぎる気はするけど、これはこれでかっこいいし、攻撃モーションもよく動いているのでそこはさすがだなと。

 

ちなみにこちらが旧F91。めっちゃ可愛いすね。

精悍さもいいがこの可愛さもまたいいのだ。

 

それでは、よい2周年キャンペーンを!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ゾウさんのガンダムウォーズぷち攻略 , 2018 All Rights Reserved.