LINEゲーム・ガンダムウォーズのぷち攻略日記

「星一号作戦」絶級追加!しかし4倍キャンペーンでそれどころではない

2018/05/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は「星一号作戦」イベントの1週間後ということで絶級が追加されました。

・・・が、今そんなどころじゃないんです。

 

この真ん中の機体強化キャンペーンですね。デイリーやストーリーでのなんやかんやのドロップ率が4倍になっていて、ま~イベントどころではない。今回は珍しく全然イベントpt稼げてません。

なので正直絶級やってる暇なんかないんですけど、来てしまったものはしょうがない。クリアだけしとくかと思っていたら、意外な機体が2体敵に追加されてました。

 

スポンサーリンク

「星一号作戦」絶級

・・・まぁ、薄々はわかっていた。今回ビグ・ザムは出てこないと。パーフェクトジオングがいるから、そっち来ますよね~

 

ハード絶級、スタミナ消費6。地形は宇宙で、初回報酬には万能設計図×1

・・・あれ、なんか赤いゲルググいるなぁ。

 

あ、これジョニーライデンのゲルググか!

前方範囲攻撃特化で、命中低下EN不可持ってるようです。あと、直線小範囲攻撃もあるらしいですよ・・・ワーオ-カワイソーウ(ちと酷いか

 

こっちは今ノーマル120のウイングノズルが全然ドロップしなくて忙しいんじゃ!!

さっさと終わらs・・・んん? あれ?

 

ヅ・・・ヅダさんじゃないっすか!!!

 

何しれっと登場してんすかあんた(笑

いや確かにイグルー勢はファーストと同時期だから、出てくるとしたらまずヅダさんだろうとは思っていたけど、ちょっとあまりにもさり気なさ過ぎないか!?(しかもターンAみたいにお空飛んでた

 

いやも~いるならいるって言ってくださいよ。しかも乗ってるのモニクか~い!

これはイグルー勢先行登場という感じなのか、オリヴァーはどうしたあの赤いでっかいビグロに乗ってたオリヴァーは。(ワシヤさんも頑張ってるけど今はいいや・・・

 

ちなみにこのヅダ、WAVE1開始時にENスリップ無効と出ていました。これはヅダの今後の特性なのだろうか。暴走しちゃう機体だからEN減らない設定というのは面白い。

 

ひとまず流れとしてWAVE1のヅダをあっさり倒し、WAVE2に入ります。敵は、

  • 前衛:パーフェクト・ジオング → 硬くて火力もままある
  • 後衛:赤いライデンゲルググ → そこまで硬くもない&ひきよせが効く

ライデンゲルググはともかく、BOSSパーフェクトジオングやたら硬いです。しかも案外攻撃も痛い。パーフェクトジオングは、後方単体HP高い相手にスタン付きキックしてくる他、前方・後方・直線小範囲と全体を満遍なく攻撃してきます。ライデンゲルググは前方を集中的に攻撃してきますが、Pジオングよりは柔らかいので早めに倒せるはずです。

 

初回、実弾防御低下という新しい力を身につけたデバフ要因ダブルオークアンタを入れ、スーパー実弾攻撃軍団+お兄さんXという編成でなんとか☆3クリア

 

うーん、今回の絶級、安定して回すのは結構難しそうです。ルプレク☆6にアヴァエク☆6入れて結構ギリギリなので、これはなかなか。

 

WAVE1。ヅダさんは自身の機動を上げ、敵の機動を下げてくるのですが、そんな回避はしなかったはずなので割と早めに倒せるかと思われます。

あと意外なことにヅダさん後衛らしいです。設定では追っかけてくるジムを振り切ってオーバーロードさせるほどの機動性を持つはずなので、てっきり前衛タイプとばかり。でもそうしたらガーベラやブルーディスティニー1号機と被るか。

 

うーん、ルプレクが一人だけダメージ飛びぬけてるというのは、なんとなく安定しなさそうな気がしなくもないんですよね。アヴァエクもかなり火力上げてるので、たまたまルプレクのダメージが出たんじゃないだろうか。

 

勝利条件を見てみます。☆3スコアクリア条件は「1:30以内に撃破」。これはWAVE1、2合わせての条件ですね。なので最悪味方が撃墜してもこの時間内クリアであれば問題なし

 

今度は、前回活躍したルプレク以外のビーム攻撃の猛者たちで突撃してみます。パーフェクトジオングは防衛型だったため、粛清君ことクスィーが活きる時ということでこちらも久々に入れてます。最近クスィー全然使ってなくて勿体無いんですよね。折角☆6にしたのに、どうにも。

 

パーフェクトジオングからの攻撃は、メガ粒子砲をよく撃っているため、ビーム防御が高い方が生存率は上がるだろうということも念頭にあるのですが、WAVE2開幕時に先頭のバイオゼータの体力がすでに半分になっています。大丈夫かな・・・。

 

しかしやはりこちら、ビーム防御高めのためかビーム防御の低い実弾編成の時よりかなり体力的には余裕があります。あと、何気にガランシェールの回復がありがたかったり。

 

それでも割と削られはしてますね。体感先程の実弾編成の時とあまり差がないような・・・。

 

クリア時間は初回時よりも10秒ほど余裕有り。等速ではありますが、これなら回しても大丈夫そうではある。

 

こちらからのダメージは皆どっこいどっこい。しかし敵からのダメージが先程とほぼ変わらないというのはなぜだろう。全然試行してないのでこの時点ではよくわからない・・・。

 

絶級を☆3スコアクリアするとパーフェクトジオングのACE必殺技が手に入りました。でもPジオングは最終決戦仕様ガンダムと同様、限定機体なので、しばらくお預けだなぁ。

 

追加で増えたパイロット

ポイント交換所で新たに追加された3人のパイロットを見てみます。

 

一人目はヅダ大好きジャン・リュック・デュバル。スキルは「自身が撃墜されると味方全体のビーム防御上昇」というもので、発生100%・上昇25%・持続10秒という、自己犠牲スキルの中では相当優れたスキル持ち。

さすが、最後の最後までヅダの操縦に信頼を置き続けて仕事をこなした軍人。彼の姿に鼓舞されぬものはいないという表れかと思われます。でも商売がたきのザクは嫌。

 

二人目はモニク・キャディラック。スキルは「自身が撃墜されると味方全体の実弾攻撃上昇」というもので、発生40%・上昇10%・持続10秒。仲間の攻撃力を上げて散るという、タダでは死なないなかなか気骨のあるお人。

過信は禁物だけど発生40%というのは悪くない数字なので、比較的落ちやすい機体に乗せてやれば、後続の実弾軍団は多少強くなる。はず。

 

そして三人目は出ましたジョニー・ライデン。スキルは「WAVE残り30秒で味方全体の回避上昇」で、発生50%・上昇15%・持続30秒。これはもうアリーナで残り30秒、EN回復率UPで敵にバカスカ必殺打たれるのをなんとか避けきろうという守りのスキルですね。

むう、この効果が仮にジ・Oやデスヘルにかかるとなると、最後まで粘りを見せそうで結構いやらしい気がしますね~。落ちそうで落ちないデスヘルとか、見てて「うごごご」ってなるので(エクスデス

 

おわりに

今回の絶級、コアブースターがイベントで初登場したのでビグ・ザムが出てくることを密かに期待していたのですが、まさかヅダさんとライデンゲルググが出てくるとは思っていませんでした。うーむ、やるなぁ。

 

いやしかし、最近はファースト周辺から機体が沢山出てきて個人的にはとても嬉しい限りではあります。ヅダさんのこの勇姿、近々味方として使えることを楽しみにしたいと思います。

やっぱ☆4なのかなぁ・・・☆1~3だったら嬉しいんだが。

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ゾウさんのガンダムウォーズぷち攻略 , 2018 All Rights Reserved.