LINEゲーム・ガンダムウォーズのぷち攻略日記

ガンダムAGE-1ノーマルとダブルオークアンタ&ハルートの使い方を考える

2018/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。今回は「英雄の帰還」イベントや2体のクアンタのガシャがやっているので、

  • ガンダムAGE-1ノーマル
  • ダブルオークアンタ

そしてダブルオークアンタと組ませると最適であろう、

  • ガンダムハルート

の3体の使い方について考えてみたいと思います。

リボーンズやELSクアンタは後衛で、役割もわかりやすいので使いどころはそんなに難しくないとは思いますが、やはり前衛をどう活かしていくかを個人的には考えていきたいんですよねぇ。

 

スポンサーリンク

ガンダムAGE-1 ノーマル

「英雄の帰還」イベントのお陰でずっと欲しかったAGE-1ノーマルがやっと☆6になりましたやったぜぇぇぇえ!!(キオを乗せてるのは雰囲気のみ)

改めてAGE-1ノーマルを見てみると、

  • 前衛の万能型
  • バランスの良いステータス
  • 地形適応全て○。得意もないが苦手もない
  • ACE必殺技が多彩

という点が特徴でしょうか。ステータスでいえば命中・回避も至って普通。基本ビーム攻撃がまあまあ高めでスキルもそれに合わせて単純に殴るだけなので、ガンダムとしては凄くわかりやすい機体かと思われます。

これだけならそんな特筆する機体でもないのですが、この機体の使い所はACE必殺技にあります。

 

まず、普通の必殺技「ドッズライフル【連射】」は、敵全体ビーム攻撃に味方全体の防御上昇バフがあるというもの。

前衛で味方全体にビーム防御上昇バフ持ちはフォビドゥン以外にいない為、案外貴重なスキルだったりします。バイオゼータの格好の餌食になるという弱点はありますが、EN回復を激上げしてガンガン必殺を回すと良い感じに使えるのではと思われます。

 

次に、一つ目のACE必殺技である「換装攻撃【タイタス】」。これは直線範囲になかなかの威力とビーム防御を下げるデバフ混合攻撃。

これが直線範囲であった場合、死にスキル化したかもしれませんが、普通の直線範囲ならまだね、いいと思います。ただ直線攻撃は上下の自動位置取りによって攻撃がスカったりするので、予め編成を気にしないといけない。

EN回復が高めなので上手く敵を多めに引っ掛けられれば良い感じですね。また同じビーム防御低下持ちのアシュタロン、F91、セラヴィーなどと一緒に組ませるというのも面白そう。

 

そして二つ目のACE必殺技である「換装攻撃【スパロー】」。これは高威力前方単体攻撃にプラスして分身が発動するというもの。

Lv60MAXにすると分身8回になり、またEN回復も1100以上ということで発動も速く、私は今のところスパロー換装をセットしているのですが、注意点としてはこの攻撃が実弾攻撃ということと、分身発動がスパロー攻撃後の一番最後であること。

 

つまり必殺が発動しても分身は最後の最後で出る為、その間は被弾し続けるので若干気が抜けない。また、基本ステでの実弾攻撃も低い為、火力にそんなに期待できなかったりします。

 

それでもまず私がスパローで試してみようという理由に、前衛ポジションでの立ち位置があります。AGE-1ノーマルはこのように、フルZZ、バイオゼータ、ナイチンゲールよりも前に立ちたがる

 

ガンダム、デストロイユニコーンや防衛型よりは後ろに立つのですが、なんかこう、装甲そんなに厚くないのにかなり前に出て行こうとしている。なにこの謎のやる気。

この並びにも法則があるみたいですが、詳しいことは未確認。

 

・・・というわけで、カスパはビーム防御・EN回復辺りの防御中心でいいのかなぁと今の時点では考えています。

 

バトルタワーでの使用例。様子見のためAGE-1ノーマルにカスパはまだつけていません。必殺装備はスパロー換装

 

この結果では、フォビドゥンの守りとナイチンの撃破能力のお陰というのもありますが、割と悪くない働きはしてくれています。

 

こちらはアリーナでの戦績。同じくスパロー換装。結果は勝ち。丁度AGE勢Lv+20ということもあり、カスパ無しの割には一応仕事してくれている。

 

今回の例では、カスパ無しなら一番使いやすいであろうACE必殺スパロー換装をチョイスしていますが、ビーム防御&EN回復のカスパが積めるなら、通常必殺の方も案外使えるんじゃないかなぁと思います。ぷちフォビドゥンみたいな扱いとして。

 

ダブルオークアンタとガンダムハルート

随分前に☆6でありながら、今までどう使っていいか見出せなかったこのダブルオークアンタ

少し前から単独で壁&妨害役として使うのではなく、ENスリップやENダメージを持つギュネイヤクトやEWゼロカスさんとセットにしてちまちまバトルタワーなどで使っていましたが、今回「もうやったれ」ということで、今までEx-Sガンダム実装までに貯めていた万能設計図をとある機体に注ぎ込むことにしました。

 

ばばーん! ガンダムハルート☆6!!

☆4では耐久力が低すぎてどうしたもんかと思っていたので、こうなったらもう☆6にして使ってみないとわからんということで☆6にしました。これもダブルオークアンタを使える形にもっていく為だ。後悔などしていない。

ハルートを☆6にしてみた印象は、ステータスで言えば、HP・攻撃・防御に関しては実弾版AGE-1ノーマルという感じで、命中とクリダメがかなり高め。攻撃型ではあるのですが、ひとまず実験的にビーム防御・HP・EN回復をカスパで上げています。

 

「英雄の帰還」イベントでもダブルオークアンタとセットになっているこのハルート。遠距離不可追撃を必殺とver9スキルの2つに持っています。なので、ダブルオークアンタとの相性は最高にいいんですよね。

 

必殺、ver9スキル共に追撃%が高く、実弾属性ということもあり、遠距離不可がついていれば十分火力面が期待できる。

この両者、ビーム・実弾防御に偏りがないため、相手が実弾メインであろうがビーム主体であろうがどちらにも対応できるのが強み。そして攻撃面は両者とも実弾属性なので、私は実弾防御の低いビーム攻撃主体の敵を想定して、現在ではビーム防御をカスパで上げている形をとっています。

 

使用例①。バトルタワーSTAGE20

遠距離不可というよりは、ハルートでその追撃ダメージを狙う感じ。それにプラスしてギュネイヤクトでついでに必殺封じも出来ればいいなーという形で使ったケースですね。

敵後衛が3体もいたためか、ハルートなかなかの活躍。

 

使用例②。バトルタワーSTAGE23

こちらは量産キュベレイを後ろにもっていってビームの守りを固めて、メタスで回復してじりじり削っていこうとしたケース。単独ながらブレイヴも入れて火力比較をしてみようとしています。

 

ハルートの体力が随分余裕ありますね。相手にもよるのでしょうがハルートは攻撃面でカスパ振っても良さそうかもしれない。

 

このケースではハルートのダメージがブレイヴを上回っています。

単にブレイヴとハルートでは、それぞれ前方攻撃メイン、後方攻撃メインということで敵の編成次第でダメージが変わるのは当り前なのですが、ハルートの火力がそれなりに出ることには違いない。

 

使用例③。アリーナで前線に出してみます。

アリーナでは妨害型の効果UPということで、ダブルオークアンタの遠距離不可効果を純粋に期待して、編成も若干攻撃寄りに。

 

新バナージが来てからFAユニコーンは単独でとんでもないダメージを出し続けてくれるのですが、このケースではハルートも案外悪くない仕事はしています。相手の狙いがどちらかというとこちらの後衛狙いというのもあるとは思いますが。

 

アリーナ2戦目

νガンダムDFFがいてしょっちゅう眠らされてしまったので、ハルートもダブルオークアンタもロクに動けていません。後から出てきたノイエ・ジールの方が稼いでいるのがなぁ。

 

アリーナ3戦目

苦手なバイオゼータが敵にいます。基本のビーム防御を上げていても開始から20秒でダブルオークアンタが撃墜され、ハルートも瀕死。

 

ダブルオークアンタの必殺がモーションの大きい相手に外したり、出現したばかりの敵アプサラスに攻撃してしまったりと、そもそも遠距離不可があまりつかなかった。

・・・なんかこう、完全に殴られるだけで終わった感じ。

 

アリーナ4戦目

こちらも相手側にバイオゼータがいますが、後衛編成が違ったのでこれも試しに突撃。しかし開始10秒でダブルオークアンタはもう瀕死。

 

こちらはダブルオークアンタが敵後衛を殴ることには成功したもののすぐに撃墜されてしまい、少し保っていたハルートは追撃効果が付かなくなり、そのまま退場という形に。

 

・・・まぁ、バイオゼータ相手にアセム乗せて最前衛に置く時点でアウトなのですが(笑)、それでも倒される前に遠距離不可が敵後衛に付与されてハルートで削れたら・・・!!と思っていたのですが、そんな即効性はあまり無いみたいですね。

ビーム防御にカスパ振り切っていないとはいえ、仮にそれをしたところで結果はあまり変わらない気がしました。

 

アリーナ5戦目

ダブルオークアンタの前に☆6風雲マスターを置いてハルートの火力上げを狙い、ギュネイヤクト、ゼロカスさんを組ませて防御を捨て、こちらが落とされる前に相手の必殺を封じていこうと試みたケース。

 

敵バイオゼータには風雲マスターに粘ってもらうつもりで、実際風雲マスターはかなり粘ってくれましたが・・・相手の覚醒ユニコーンは多分EN回復上げ上げだったみたいで、結局抑えきれず。

 

動きの大きい相手にはダブルオークアンタの必殺は当たらない事が多いですね。V2ABなんかにもよく外してます。どのみちこの味方編成だと敵前衛への攻撃が弱いこともあり、バイオゼータに思いっきり暴れられてしまいましたね。

 

アリーナ6戦目。なぜかバイオゼータのいるチームばかりと遭遇する。今度はこちら、ビームダメージ軽減を持つ愛しのクィン・マンサと、同じくビームダメージ軽減のHi-νを起用。殴って来いバイオゼータ。とことんまで受けて立とうじゃないか・・・!

 

やっぱダメか(笑

ただ、先程よりクィン・マンサとHi-νのお陰でバイオゼータからのダメージは少し抑えられていますが、後ろの覚醒ユニコーンは相変わらず止められていません。遠距離不可はスキル不可みたいに必殺を止められるわけじゃないから、長い時間必殺ぶっぱしてる相手には相性悪いみたいだなぁ。あとモーションの大きさとか。

 

アリーナ7戦目。今回のラスト試合。

相手方にやっとバイオゼータがおらず、攻撃より守り寄りの編成だったため、こちらはENスリップ・回復・ビーム防御バフでジリジリガリガリ削っていこう作戦に出ています。

 

相手方はターンX・ストフリにブルフレLという火力持ちだったので、前衛に対する被害があまり出ないと予想。真っ先にこちらのガンイージは落とされましたが、中盤以降ギュネイヤクトで相手の必殺を抑えられた感じがしました。

 

相手方フォビドゥン・ガンイージのビーム防御バフはハルートには通用せず、なんとか時間ギリギリで久々に勝利。

 

珍しくハルートの大活躍画像。

Lv60のブルフレLがいる状態でのターンX・ストフリからのダメージがこれだけに抑えられているのは、うまーく遠距離不可にENスリップ&追撃攻撃がハマったと考えていいでしょう。こちらのガンイージは割と序盤に瞬殺されてますから。

 

というわけで、ダブルオークアンタは単独で使うより遠距離不可という特性持ちを活かして、その追撃持ちのハルートやENスリップ系のギュネイヤクトなどと組ませると良いのではないかと思われます。

 

まとめ

現時点での個人的見解としてのまとめをしてみます。

 

ガンダムAGE-1ノーマル

  • 集中砲火を浴びやすい前衛なので生存率を上げてやりたい
  • カスパ:ビーム防御&EN回復が良さ気
  • パイロットもビーム防御上げスキル持ちが良さ気
    → 通常必殺ならヴィダール、アセムなど
    → タイタスではレイジなど(ただし死にやすいかも)
    → スパロー使うならパイロットはウッソ、イオなど
  • 直線範囲攻撃は立ち位置に注意

ダブルオークアンタ

  • 壁役としては優秀な方だが過信は禁物
    → 実弾・ビーム防御どちらも高く偏りがないので汎用性はある
  • 遠距離不可付与に関しても優秀だがこれも過信は禁物
    → スキル不可と違って必殺はENが溜まれば出される
    → ver9スキルでの遠距離不可付与は全体に35%、持続6秒、
    → 必殺での遠距離不可付与は後方範囲に50%、持続8秒
    → この必殺の範囲攻撃が案外外れることがある
  • 遠距離不可を活かすには
    → ハルートと組ませる(火力プラス)
    → ギュネイヤクト等ENスリップ系と組ませる(妨害プラス)
  • 自身の火力は、ありそうにも思えるがそんなには出ない
    → 同じ実弾属性だがエクシアとかと比べてはいけない
  • ver7スキルのGNソードビット(自身の回避・機動バフ)が謎
    → 元々の機動が低いので効果も微妙?
    → このスキル後に意外と避けてることがある

ガンダムハルート

  • 耐久力は良くも悪くも並(中の上という感覚)
    → 防御の偏りはないので汎用性はある
  • 遠距離不可追撃が決まれば火力は出る
    → ダブルオークアンタと組ませる(真価発揮
    → ストフリと組ませる(思ったより成果は出ない)
    → そもそも遠距離不可付与が不安定
  • 命中・クリダメがかなり高い
    → ブルフレDと組ませれば更なる火力は期待できそう
  • これまでに活躍したケースでは被ダメ自体が少なかった
    → カスパを攻撃面に振ったほうが活きる?

 

・・・こんな感じでしょうか。

ダブルオークアンタとハルートのセットを考えた場合、まず、

  • 相手側に後衛が多いこと
  • 実弾攻撃が有効なこと

を第一条件にして、次に、

  • 必殺攻撃の時間があまり長くない
  • 敵に大きな動きを持つユニットがいない

など、ダブルオークアンタとハルートの特性が活きやすい敵であるかを判断することになるかと思われます。ただこの2体を使う場合、攻撃が集中しやすい前衛枠がすでに2つ埋まる形になるので、残り3枠を選ぶ時はシビアにならざるを得ないというか、フォローも大分限られてくるような気もします。

 

ELSクアンタは防衛面で困った時には単独ですぐ使えるだけに、ダブルオークアンタの方は使い所が少々難しい。ダブルオークアンタ、シルエットが超かっこいいので、ELSクアンタ同様「困ったらダブルオークアンタに頼るぜ!」レベルにまで使い勝手をひきあげたいところ。

もう少し・・・もう少し工夫がいる。ハルートを☆6にした以上、それで「使えませんでした」では話にならない。もっと決定的な良さを見出せるまでに思考と実践をしなければ・・・!!

 

以上、AGE-1ノーマルとダブルオークアンタ、ハルートに関する独断と偏見の記事でした。アリーナでは難しいかもわかりませんが、見かけたら勉強させて頂きます。

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ゾウさんのガンダムウォーズぷち攻略 , 2018 All Rights Reserved.