LINEゲーム・ガンダムウォーズのぷち攻略日記

ビルドファイターズイベント「バトルロワイヤル!」ぷち攻略

2018/03/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ゾウです。久々のビルドファイターズからイベントが出てきましたね。一年ぶりくらいかな。

ビルドファイターズって、「ボクが作ったガンダム!」といった子供の頃に描いていたような想いがそのまま作品化されたようなもので、なかなか面白いですよね。R・ギャギャとか、ミスサザビーとか、胸熱の機体も多い。

 

スポンサーリンク

イベントミッション!「バトルロワイヤル!」

ビルドストライクはビルドファイターズの主役機のようですね。早速イベントを見ていきましょう。

 

おー、前回のG-セルフ同様、ビルドストライク(☆3)もこのイベントでゲットできるようです。そういやベアッガイもビルドファイターズだったっけ・・・いるのが当り前すぎてなんだか意外。

 

前々回のGガンイベント同様、チャレンジノーマルでビルドストライクの設計図が手に入るみたいです。G-セルフの時はチャレンジノーマルをやらずともハード超級を回すことで結局☆6に出来たのですが、今回はどうだろうか。

 

無料配布のビルドストライクを見てみると、前衛後衛それぞれにスキルを持つようです。自分がもしこのゲームを始めて一ヶ月くらいの場合は割と魅力的に映ったろうなぁと思います。

 

ノーマル・通常パート

例の如く、通常パートは端折っていきます。

 

初級ではベアッガイの設計図が手に入るようです。ベアッガイは後衛時の実弾防御上昇がなかなか良かったはずですが、私はもう一年以上プレイしていながら未だに☆6にしていません(笑

 

これを機に☆6にしておいても良さそうですが、育成したい機体が沢山いるのでどうしても後回しにしがちなんですよね。

 

初級ではベアッガイの設計図のみでしたが、中級・上級・超級ではベアッガイの設計図&ENタンクがドロップアイテムにありました。

 

通常パートをサクッとクリアしまして、そのままチャレンジノーマルに突撃します。

 

チャレンジパート・ノーマル(青スタミナ50)

チャレンジノーマルの青スタミナ消費は50。

 

敵は、ビルドストライクベアッガイ。ここでビルドストライクの設計図がゲットできるようですが、果たして一回で一周できるのか。

 

ビルドストライクも実弾に弱いであろうと踏んで、とりあえず実弾ユニットで適当に突撃してみます。敵ベアッガイとビルドストライクの距離がありすぎてビルドストライクに実弾防御上昇かかってない気がするので、実弾で攻めてもなんら問題はないでしょう。

 

途中でビルドストライクが後衛に移動します。前衛と後衛のスキルを見せてくれるのでしょう、優しいビルストですが、ちっちゃいマスターが執拗に追っかけていくところが面白い。

 

あ、この編成では一回で100%削りきれなかったか。

 

あれま、ルプレクとエクシアがいるから余裕かなと思ったのですが、敵ビルストは意外と硬い

 

このミッションではダメージはあまり気にしなくていいので、この場合風雲ゴッドをグシオン辺りに入れ替えてやれば一回で100%削りいけそうですかね。

 

とりあえず2度目のチャレンジで一周分だけこなしておきます。一周でビルドストライクの設計図は5枚。そしてイベントポイント(Ep)は100

 

ハード・通常パート

続いてハードの通常パートです。ケンプファーやキュベレイが敵でいますね。ビルドファイターズとは特に関係ないんかな?アニメ見てないからわからないけど。

 

ハード初級では、ビルドストライクの設計図とENタンクがドロップアイテムにありました。私の体感のドロップ率は、思ったほどドロップはしないという印象。

 

1対5という状況で殴り続けていたせいか、暗黒面に落ちてしまった敵ケンプファー。こいつかっこいいんだよなぁ~、万能使って☆5にしてあげてもいいんだよなぁ。

 

ハード中級では、敵にキュベレイが新たに加わっています。良かったなケンプファー、仲間が来てくれて。

 

敵キュベレイはひきよせで引っ張ってこれるので、敵2体とも前衛に並べてタコ殴りするのが楽です。

 

ハード上級

そしてハード上級では更にアストレイレッドフレームが敵に加わっています。段々味方が増えていってよかったな、ケンプファー。

ちなみに、この上級のドロップアイテムに、

  • 耐ビームコーティングⅤ
  • 耐実弾コーティングⅤ(表示にはないけどドロップを確認)
  • 強化型ビーム撹乱幕(表示にあるのに全然ドロップしない)

という、機体強化に沢山必要とされるアイテムがあるので、今回のイベントでは主にこのハード上級を回すことになりそうです。(超級では強化ブースターⅣがドロップするのですが、体感あんまり美味しくないので)

 

上級Ⅰの報酬画面。

 

上級Ⅱの報酬画面。

 

上級Ⅲの報酬画面。

上の3画面では欲しいアイテムがドロップしていませんが、耐ビームコーティングⅤと耐実弾コーティングⅤはノーマル220と同じような体感でドロップしている気がするので、私は今回この上級をメインに回しています。Ⅰ~Ⅲのドロップ率の違いもあまりないように思いました。

 

ハード超級

そしてハード超級では敵にエクシアが追加。よかったな、ケンプファー

ドロップアイテムには、機体ver12以上になると必要になってくるであろう、

  • 強化ブースターⅣ

があるのですが、前述の通りあまりドロップしてくれません。ドロップしないというよりはドロップの数自体が少ない感じで、前回のGガンイベントに比べると全然です。表示にある赤いパーツも手持ち少なくなってきてはいるので、沢山ドロップするならいいのですがスタミナ6も使う稼ぎではないので、私は今のところ超級周回はスルーしてます。

 

改めて超級の敵構成は、

  • 前衛:アストレイ レッドフレーム
  • 前衛:ガンダムエクシア
  • 前衛:ケンプファー
  • 後衛:キュベレイ

キュベレイが全体怯みと回復不可をしかけてきて、あとの3体は実弾攻撃でガシガシしてきます。なので、味方前衛の実弾防御を高めにしておけば今回の超級はそこまで苦戦はしないはず。そしてビーム・実弾どちらで攻めても大差はないかと。

個人的には引き寄せの効くキュベレイを前に引っ張ってきて4体まとめて範囲攻撃で沈めてしまうのが楽かなと思います。キュベレイほっとくと厄介なので。

 

超級Ⅰの報酬画面。

 

超級Ⅱの報酬画面。

 

超級Ⅲの報酬画面。

うん、そもそもドロップコンテナ数が少ないので、アイテム稼ぎとしてはやっぱりイマイチかなぁ。

 

チャレンジパート・ハード(青スタミナ50)

それでは、チャレンジハードに挑みましょう。相変わらず初回報酬がしょぼい(笑

 

敵BOSSのビルドストライクフルパッケージは、

  • ビーム攻撃特化
  • 全体攻撃
  • ビーム防御強化
  • 命中強化
  • クリティカル確定
  • 敵ビーム防御弱体

ということで、前衛ながらビーム防御強化&弱体にクリティカル確定まで持っているなかなか強そうな機体。「前衛は壁、後衛が攻撃」という長篠の戦い(織田鉄砲軍戦術)が現時点でのガンウォーの安定構成になってしまっているからか、なんとか前衛を盛り上げたいという意図も若干感じられる。

・・・というか、前衛が沈みやすい今の環境は、個人的には後衛の支援型機体などに「味方前方周辺にビーム防御上昇」とかのバフ持たせればいいだけの話なんじゃないかと思っていたり。前衛に攻撃が集中する作りなのに、後衛は自身中心にしかバフ掛けしない機体が多かったら、そりゃあねぇ・・・今のこの仕様は当り前だと思う(笑

 

そんな私の戯言は置いといて攻略を見ていきましょう。

こちらの編成は、とりあえずいつもの様子見ゴリラ軍団。

 

ビルストFP、けっこー硬いです。そして前方に攻撃が集中するので、エクシアが2分いっぱいもたなかった。☆5のルプレクも残り20秒で瀕死状態。

 

この編成だと一回で30%削りで一周するのに4回チャレンジすることになる。なかなか手強い。

 

この画像は4度目でトータル100%削った時の報酬画面です。ちと正確には把握しきれていませんが、流れとしては、

  • 残り75%時点でEp=100
  • 残り50%時点でEp=100
  • 残り25%時点でEp=100
  • 残り0%時点(CRUSH)でEp=100
  • ミッションクリアでEp=200

つまり一周(100%削り)でトータルEp=600の稼ぎになります。

 

うーむ、エクシアはHP14,000くらいにしていて残り20秒手前で落ちるのか。これはなかなか難しいな。4回だと青スタミナ50でEp=150、3回だと青スタミナ50でEp=200という計算になる。

 

ゾウさんのチャレンジパート周回編成

というわけで、チャレンジパートについて私のケースでの周回編成を書いてみます。

現在の私のイベントの流れは、

  1. ハード上級で青スタミナ&ビルドストライクの設計図集め
  2. チャレンジハードでEp稼ぎ
  3. 回収しきれなかったビルドストライクの設計図集めのためにチャレンジノーマル

という風に考えているので、まずはチャレンジハードから攻略していきます。

 

チャレンジパート・ハード攻略編

今回の私の周回編成は以下の通り。

  • 前衛:バイオゼータ ☆6
  • 前衛:ルプスレクス ☆6
  • 前衛:アヴァランチエクシア ☆6
  • 後衛:アストレイ ブルーフレームD ☆4
  • 後衛:ELSクアンタ ☆4

 

このミッションの敵ビルストFPの特徴に対する対策は、

  • 自身ビーム防御上昇
    ビーム防御上昇キラーのバイオゼータ&実弾攻撃ユニット
  • 相手ビーム防御低下
    ELSクアンタのACE必殺「全体ビーム防御上昇」でカバー
  • 全体攻撃で全体を怯ませてくる
    EN回復の高いユニット(必殺が単体攻撃のユニット)
  • 動き(モーション)が大きい
    実装が新しい機体は必殺が追尾する
  • ビーム攻撃特化(クリティカル確定)で前方に攻撃が集中する
    後衛のブルフレDが☆4でも死なない為、実弾火力の底上げが可能

という具合です。これで、等速ですが1回35%以上削りの3回で一周で回しています。

 

この編成だとバイオゼータが一番前に出るので、スーパーアーマー&ビーム防御の高さを活かして上手く壁になってくれる。そういう意味でも単独ながらクソ強いです、バイオゼータ。

 

敵ビルストFPは主に前方にクリティカルビーム攻撃をしてきますが、後衛にはそこまで攻撃が飛んできません。なので防御面のバフさえあればブルフレDは☆4でもなんとか耐え切ってくれます。支援枠のELSクアンタはメタスでも代用できそうですが、ELSクアンタは実弾攻撃主体なため、少しでも削ってもらおうということでチョイスしています。

 

今回無印エクシアの代わりに思い切ってアヴァランチエクシアを☆6にして実弾カスパを積んでやったら結構な戦果を叩き出してくれました。バルバトスルプスレクスもいつもイベントで散々お世話になっているので、これも☆6に。着実に実弾軍団が育ってきている。

あえてヴィダールを先に育成しないというこのあまのじゃくっぷりね・・・。

 

一回目、38%削り。

 

二回目、同じく38%削りで残り24%。

 

三回目は43秒残しでここで撃破

 

これで青スタミナ150でEp=600という風に回すことができました。

 

他のパターンで試行

ちなみに少し戦力のグレードを下げて何パターンか試してみました。これを見ると普段私がルプスレクスとエクシアに頼りきりなことがよくわかるのですが、一応ご参考までにということでひとつ。

 

パターン①。16%削り。

前衛で壁を張って、比較的安全な後ろからビーム攻撃主体で攻めたケース。☆6・ver11以上ながら(カスパなし)HPが低めなEWウイングやガブスレイがフォビドゥンのお陰でなんとか生き残っています。

 

ただビーム攻撃メインということもあり、ターンXですら全然ダメージを稼げていません。それと敵ビルストFPの全体怯みで結構足止めされてる感があるので、やはりEN回復が高くないとダメージを稼ぐのはなかなか難しい。

 

パターン②。16%削り。

前フォビドゥンはそのままに、後衛に実弾攻撃×2、実弾攻撃上昇×2という編成。フォビドゥンのお陰でガンタンクもなんとか終盤まで生き残っています。フォビドゥン以外カスパは何もつけていません。

 

こちらは実弾で固めたにも関わらずパターン①と同じ結果の16%削りで終了。アトラスが☆4ながらかなり頑張ってくれていますが、カスパなしとはいえ単体狙いだとヘビアやガンタンクもいまいち奮わず。

これなら、途中退場でもいいからエクシア使って殴った方がずっといいかもしれません。

 

パターン③。19%削り。

フォビドゥン、エクシア、グシオンを前に、アトラス、ブルフレDを後に手堅く攻めたケース。

 

フォビドゥン以外はカスパ無しなので、機体のverなどもありますがカスパ調整すればこの編成で20%以上はいけそうです。やっぱエクシア強いな。

 

チャレンジパート・ノーマル攻略編

チャレンジノーマルは、味方がある程度育っていれば敵からのダメージをあまり気にしなくていいので、ハード周回編成のバイオゼータをエクシアに、ELSクアンタを風雲マスターに入れ替えて、

  • 実弾攻撃上昇バフ×2
  • 実弾攻撃特化×3

の完全実弾攻撃特化編成で一回100%削りの一周で回しています。こちらはオート倍速可能。

 

これで14秒残しで一周達成。ベアッガイはルプスレクスの必殺でいつの間にか落ちているので、もはや気にかける必要は全くなし。これも戦争なのよねとはスレッガー中尉のお言葉。

 

チャレンジノーマル一周で、ビルドストライクの設計図5枚。今回ハード通常パートでの設計図ドロップが低いので、先にこちらで集めて☆6にしてしまってもいいのかもしれない。

 

無印エクシア耐久力の問題さえクリア出来れば単体に無類の強さを発揮するので、機体verを上げてカスパや仲間の援護などで運用してやれば、実弾攻撃に弱いイベントではやはり非常に使える機体。

今回、カスパの見直しでエクシアのカスパ全部取っちゃったので、それでアヴァランチエクシア使ったというのもあるんですけどね。

 

イベントポイント交換所

今回のイベントポイント交換所で真新しいものというと、ビルドファイターズのパイロットくらいでしょうか。

 

イオリ・セイのスキルは「前衛に3体以上いるとWAVE開始時にビーム防御上昇」。パイロットのスキルはアリーナ用のものが多い印象ですが、前衛3体の開幕5秒の守りがどういう効果があるのか、アリーナ5,000位くらいをうろついてる私にはそこまで詳しくわからなかったり。

 

今回のイベントで育成が限定指令にもなっているレイジのスキルは「敵のビーム防御を低下させるとビーム攻撃上昇」というもの。ビーム防御低下の機体はこちらを参考にして頂ければと思いますが、攻撃面でも期待できるユニットはというと、プルツーキュベレイ、ゴールドスモー、ローゼンズール、ガンダムローズ辺りだろうか。

気持ちとしてはF91に乗せて使いたいんだけど、ver9のヴェズバーが死にスキル化してるのがなぁ~~~・・・

 

リカルド・フェリーニのスキルは「敵を撃墜すると敵全体の回避低下」。発生確率は100%なので、誰でも良いので落としてしまえば敵全体の回避を一時的に低下させられる。確実に仕留めてくれそうな機体に乗せてやるか、全体攻撃をぶっ放して撃墜してもらうか少し悩みどころ。でも持続時間5秒だからなぁ。

 

ヤサカ・マオのスキルは「WAVE開始5秒後に回避上昇」。これはWAVE開始5秒後辺りで回避系スキルを使う機体に乗せると生存率が上がる感じですかね。バルバトスルプスとか、確かこれに重なりそうな気がしたので、回避系スキル持ちの機体もこれから見直してみるのも面白そう。

あと笑顔が良い。

 

万能設計図

万能設計図は今回、レイジと☆3ビルドストライクの育成限定指令に多めでした。絶級を入れると全部で10枚

 

まずイベントポイント交換所×1

 

ハード超級Ⅲを☆3スコアクリア×1

 

レイジのレアリティを☆4×1

 

レイジのレアリティを☆6×1

 

ビルドストライクガンダムのLv60(☆6)×1

 

累計イベントpt=5,000×1

 

累計イベントpt=30,000×2

 

ハード絶級Ⅱを☆3スコアクリア×2

以上10枚ですね。絶級を抜かすと8枚

 

まとめ

今回のイベントのポイントだけまとめてみます。

 

通常パート・ハード上級のドロップアイテムに、

  • 耐ビームコーティングⅤ
  • 耐実弾コーティングⅤ
  • 強化型ビーム撹乱幕

通常パート・ハード超級のドロップアイテムに、

  • 強化ブースターⅣ

がそれぞれドロップする。ただ、ドロ率が特に高いわけではないので、個人的には耐ビーム&実弾コーティングⅤ(ノーマル220でドロップする)をメインに上級で回すのがオススメ。

 

チャレンジパート・ノーマル一周Ep=100。ビルドストライクの設計図×5。

  • 防御面を気にせず単体攻撃重視

 

チャレンジパート・ハードは一周Ep=600イベントポイント稼ぎならこちら。

  • 前衛のビーム防御は厚め
  • 単体攻撃特化・EN回復高め
  • ビームより実弾で攻める方が多少有効

 

・・・こんなところでしょうか。

今回のビルファイイベントでてっきり去年出てきたスクランブル・ホットスクランブルの両名も復活するかと思ったのですが、今のところ出てきてないですね。当時の私のスクランブルガンダムへの印象は「ファンネルついたゼータガンダム」くらいだったのでスルーしてたのですが、全体継続回復・全体ノックバックと両機体ともなかなか特徴も良い感じだったので、今復刻してみても面白かったかもしれません。

 

さて、今回の記事の最後にルプスレクスの☆5→6の画像を上げて〆たいと思います。やっぱりこのタイミングは「き・・・きた・・・!!」って思いますね(笑

※注 上のルプレクの画像では実弾攻撃&HPのカスパ積んである状態です。

 

それでは!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ゾウさんのガンダムウォーズぷち攻略 , 2018 All Rights Reserved.